施工事例
雨漏りコラム

まずはこの写真をご覧ください。 ウッドバルコニーの端末なのですが、ビス穴から水が浸入し、腐食させてしまいました。 空を向いている面、いわゆる「脳天」から釘やビスを打ち込むと、腐食する可能性が高まります。 それは当然で、入

建物の外壁は10年から15年に一度塗り替えを行ったほうがよいとされています。そして、その理由のひとつに、経年変化により外壁の防水性が失われており、それを取り戻させるためといわれています。 それについて、あえて断言します。

雨漏りがもたらす被害において最も重大であり、かつ顕著なのが「腐食」です。 腐食は腐朽菌が発生することによって起こります。腐朽菌が生息するには水分が必要ですから、木材に常に水分が供給されていることが、腐食が起こる前提となり

雨漏りを防ぐための対策として、誰しもがまず思いつくのが「防水」でしょう。 しかしながら、建物内部に水分をもたらさないためには、防水だけを考えていれば良いわけではありません。 なぜなら、建物内部に生物の営みがあれば、必ず水

いま巷ではマンションのデータ偽装が話題となっています。見識者の中には、販売会社のネームバリューのみを信用し購入する側にも問題がないとは言い切れないため、購入者が施工品質をチェックする体制づくりが急務であると唱える方もいら

外壁リフォームにおけるカバー工法とは、今ある外壁を壊すことなく、新しいサイディングやタイルを上に重ねて張るリフォームの手法のことです。 カバー工法のメリットとして、外観のイメージをガラっと変えられることが最も大きいでしょ

どこから雨漏りしているかを探す、最も原始的、かつ合理的な方法は、雨水の入口(雨水浸入位置)に水をかけて、雨漏りが再現されたかを調べることです。 我々はこれを「散水調査」と呼んでいます。 散水調査は、ごく一般的に広く行われ