浸透吸水防止剤は防水材にあらず 静岡店

静岡店雨漏りコラム01_01
この写真は静岡県N市にあるマンションのルーフバルコニーです。一見なにも異常がないように見えるこの掃出し窓上部より雨漏りがするという事で調査に伺って来ました。
この外壁タイルには、某塗料メーカーの俗に言う浸透吸水防止剤が2度に渡り塗布されているとの事ですが、雨漏りが止まらないとの事。

静岡店雨漏りコラム01_02確かにこのように散水してみると・・・

静岡店雨漏りコラム01_033分と掛からずに掃出し窓サッシ上部より漏ってきます。

外壁タイルからの雨漏りの場合、タイル自体の吸水率は磁器質タイルの場合ほぼ0。
亀裂なども無い事から問題は目地にあるわけですが、表面上は異常がなく、まして目地から雨水が浸透しないと謳われている材料が2度に渡り塗布されているにも関わらず、いとも簡単に雨漏りしてくるのです。
浸透吸水防止剤というのは防水材ではないという認識がないと、このような事態を招きます。

雨漏り110番 静岡店

雨漏り110番 静岡店の施工事例・雨漏りコラム一覧